和歌山で看護師を目指すなら野上厚生総合病院附属看護専門学校

資料請求 お問い合わせ サイトマップ よくあるご質問

ホーム > キャンパスライフ > 在学生・卒業生メッセージ

在学生・卒業生メッセージ

voice

1年生 三浦 翔太郎1年生 三浦 翔太朗

 本校に入学して1ヶ月が経ちました。最初は友達が出来るかどうか、学習についていけるかどうかなどとても不安でした。クラスメイトや先輩方、先生方が気軽に話しかけてくれるのですぐに周りの人とうち解ける事ができました。学習面ではどのように学習をすればよいのか分かりませんでしたが、先輩や先生方の話を聞いて、頑張って取り組んでいく気持ちをもつことができました。

 また、本校では色々な行事があります。例えば、合宿研修や高野山ウォーキング、戴帽式、学校祭があります。合宿研修では、入学式の翌日から2泊3日で行われます。看護師になるうえでの心構えやクラスメイトとの絆を深めることのできる行事です。このような様々な行事があり、看護師になるうえで大切な思いやりを気づかせてくれます。今は本校に入学できたことを心から良かったと思っています。

1年生 祖和 麻美1年生 租和 麻美

 私は社会人を経験したうえで看護の道に進みたいと思い、国保野上厚生総合病院附属看護専門学校に入学しました。高等学校卒業後すぐに入学した学生が多く、最初は年齢差による不安や戸惑いもありましたが、みなさんとても真面目であり、すぐにクラスに馴染むことができました。

 看護という専門的な学習は、初めて聞く言葉ばかりで覚えるのが大変ですが、看護師への道を一歩ずつ進んでいると思うと楽しくも思えます。また、先生方が私たちを学習や生活面をしっかりサポートしてくださるので、クラス全員が看護師になる目標に向かい、安心して勉学に集中できます。また、知識や技術だけでなく、人として看護師として人間性を学ぶこともでき、この学校に入学して良かったと心から思っています。

2年生 古川 果菜子2年生 古川果菜子

 私が本校に入学して1年が経ちました。入学当初、高校とは全く異なった専門的な勉強内容と量に戸惑いました。また、もともと不器用な私は、看護技術の試験に何度も落ち、その度に私は本当に看護師になれるのか、看護師になっていいのかと落ち込み、考えました。1年間でやめたくなったことは数えきれないほどあります。看護師は憧れの気持ちだけでつとまるものではありません。予想以上に厳しい道だと痛感しています。

 しかし、同時にこんなにもやりがいのある仕事はないと感じます。先生方の厳しさの中にある優しさや、クラスのみんなとの支え合いがあり、この1年間を乗り越えました。

 私たちの学校の校歌に「Heart to heart」というフレーズがあります。看護は知識や技術も大切ですが、患者さんの身体面だけではなく精神面でも寄り添える、心からの看護が一番大切だということを先生方はご指導してくださいます。「Heart to heart」の精神を忘れず日々努力し、心からの看護ができる看護師を目指します。

2年生 谷本 香織2年生 谷本 香織

 私は昨年、看護師を志し本校に入学しました。しかし、入学当初は専門的な学習内容とその量の多さに圧倒されました。また、私は学習習慣が身についていなかったので、授業についていけるか不安で一杯の毎日でした。最初の臨床実習では、患者さんとコミュニケーションがとれず、思うようにいかないことばかりでした。しかし、同じように看護師を志した仲間や先輩方に励まされ、また先生方の熱心な指導のおかげで少しずつ自信を持つことができました。

 また、本校は勉強だけでなく高野山ウォーキングや学校祭など、さまざまな学校行事があります。それらの行事を通して、クラスメイトや先輩方だけでなく地域の方とも交流を深めることができ、協調性やコミュニケーション能力を養うことができます。

 患者さんに安心感を与えられ、「この看護師に看護してもらって良かった」と思ってもらえるような看護師になるため、これからも努力を重ね、幅広い知識や優れた技術を身につけていきたいです。

3年生 西村 友希3年生 西村 友希

 私は、本校に入学してから3年目になりました。入学した時はクラスメイトとの良い関係を築くことができるかどうか不安な気持ちがありました。しかし、本校の特徴である入学式翌日から行われる新入生合宿研修や全校生徒で行われる新入生歓迎会、また高野山ウォーキングなど多彩な学校行事に参加することでクラスメイト達に加え、先輩方との交流をはかることによって良い関係性を築くことができました。

 現在は、3年生となり臨床の場での実習に励んでいます。2年間勉強してきたことを実際の患者さんを通して新たな学びを深めています。学校生活では臨床実習や国家試験に向けて先生方の温かいご指導に加え、看護師になるための社会人としてのマナーを学ぶことができます。

 また、クラスメイトとお互いに励まし合いながら勉学に励むことができ、本校の環境にとても満足することができています。

 今後は、1年間の実習を終え、クラスメイトと全員で国家試験合格することが目標です。

そのためにも日々努力していきたいと思います。

3年生 西澤 早葵3年生 西澤 早葵

 私は、社会人として4年間働いた後、本校に入学しました。4年ぶりの学生生活であるため、入学当初は友達ができるのかなど、不安でいっぱいでした。しかし、合宿研修や高野山ウォーキングなどの学校行事を通じて、同学年だけではなく全学年を通しての交流を深めることができました。

 また、先生方がとても熱心に指導してくれます。私たちの3年間という短い学生期間で、看護師として必要な知識・技術を習得しなくてはなりません。普段の授業だけではなく夏季講習や個別の学習法指導など、先生方は常に私たち生徒のことを考え、一人一人に向き合ってくれます。

 学習は本人のやる気が最も大切ですが、本校は生徒の学習環境が整っています。また、学習だけではなく患者様を第1に考えた看護のあり方も身をもって学ぶことができます。

 私は今、3年生で、実習の真っ最中で大変なこともたくさんありますが、自分の目標である看護師になるため、日々頑張っています。